カードローンに申し込むと信用情報に影響があるの?

カードローンの申込をしたりキャッシングをするだけで信用情報に傷がつくことはありません。
信用情報というのは個人の借入や返済に関する利用履歴を記録したものです。
主に具体的な使われ方としては、ローン商品などの申込審査にあたりその人の信頼度を見極めるために利用されます。

ここで何らかの不利な情報や事故記録があると審査の合否にも大いに影響を与えることになるので、皆さん信用情報の傷を気にするのです。
傷がつくというのはいわゆるブラックリストに名前が載ることをさします。
ブラックリストは自己破産や任意整理などの金融事故を起こした人の記録です。
ブラックリスト入りすると新たなローン審査に通るのは限りなく不可能に近いといわれます。
ブラックリストの情報が消えるまでには数年間が必要なので、別のカードローンなどを利用したい場合はその後に申込みをするほうが無難です。
一度ブラックリスト入りするとその後の生活にも色々と影響が出てしまうので、カードローンを利用する際にはくれぐれも借りすぎに注意しなければなりません。
返済が遅れそうなときや延滞に気付いたときは、できるだけ早急に担当者に連絡を入れて相談しましょう。

すぐに遅延損害金とともに返済を行えば大きなトラブルになることはありません。
延滞の連絡があったにもかかわらず放置しておくと、ブラックリスト候補にもなりかねないので要注意です。
このようにただ申し込みをして借り入れするだけではブラックリスト入りする心配は一切ないのです。
ただし俗に申し込みブラックと呼ばれるケースがあります。
これは複数のカードローンを一度に、または立て続けに申し込んだ人が対象になります。 同時期にいくつもカードローンの申込みを行うと、よほどお金に困窮しているのかと思われても仕方がありません。 申込履歴はすべて信用情報機関に記録され金融機関で共有されているので、照会を行えば一目瞭然なのです。 複数の申込みを検討している場合は、少なくとも半年ほど間をあけてから行うようにしましょう。

このページの先頭へ