カードローンの一般的な限度額の目安とは?

カードローンでは自分が希望したとおりの利用限度額を得られるわけではありません。
しかし一般的な限度額の目安を知っておけば、審査に申込みするときの参考になります。
新規でカードローンを申し込む場合は、大体年収の30%前後が限度額となることが多くなっています。
限度額を考える際には、もし限度額目いっぱいまで借り入れをしたとした時の年収に対する借入額の割合が問題になります。
あまりにもこの割合が高いと、返済負担が大きくなりすぎて日常生活を脅かす可能性もあります。
できるだけ元の生活レベルを維持しつつ返済を行っていくために、無理のない金額でなければなりません。

ですから年収がいくらなのかという点が、大きく限度額を左右する要因の一つとなります。
またすでに他社から借入金がある場合は、当然それも考慮に加えられます。
申込欄には住宅ローンなどを除いた他社からの借り入れについて申請する箇所があります。
審査ではその情報に基づいて、あとどれくらい融資を行っても返済可能かを見極めていきます。
消費者金融に申し込む場合は、総量規制も大きく影響します。
総量規制は借入総額を利用者の年収の1/3までに制限する法律です。
借りすぎによる自己破産や多重債務から消費者を守る目的で制定されたものですが、この規制の対象となる消費者金融など貸金業者では限度額が極端に高く設定されるケースはあまりありません。
利用限度額上限までもらえる人は、やはりそれなりの高年収であることがほとんどです。
他社からの借入も含めて年収の1/3までが借入れ可能な範囲ですから、それ以上の限度額を得られることはないのです。

銀行のカードローンの場合は総量規制対象外となっているので、限度額に法的制限はありませんので、中には諸条件により年収の1/3を超える限度額となるケースもあります。
カードローンに申し込む時には限度額の目安を大幅に超える金額を希望しても、審査落ちしやすくなる可能性もあります。
自分の年収や借入額からおよその金額を予想して、その範囲内で申請するほうが得策といえます。

このページの先頭へ